クラリスロマイシンの通販や効果解説

このサイトでは、クラリスロマイシンの通販方法や、効果の詳しい解説などを行います。実際に購入・服用する前に、一度確認していただけると幸いです。

 

目次

 

クラリスロマイシンとは?

クラリスロマイシン(薬品名:クラリス、クラリシッド)は、咽頭炎、扁桃炎などに効果があるマクロライド系抗生物質の一つとなります。

 

1970年に発売され、ジェネリックも広く発売されているのが特徴です。個人輸入を活用すれば、安い価格での通販も可能です。

 

クラリスロマイシンの通販の注意点

 

クラリスロマイシンを通販するうえで、知っておきたいことは以下の通りです。

 

価格が安い

当然のことではありますが、「なるべく安い価格で買える」ということが大事です。

 

なるべく早く届くこと

クラリスロマイシンは抗生物質ということもあって、「すぐに欲しい」という人も多いでしょう。個人輸入だと海外から届くことになるので、業者次第では2週間~1カ月かかることも。なので、最速・最短での通販に対応した業者でないと使いにくいです。

 

安全性の高さ

クラリスロマイシンの個人輸入通販では、安全性についても考慮しないといけません。まれにニセモノが流通することもあるので、メーカー品質保証の個人輸入業者を使いましょう。

 

おすすめの個人輸入業者

 

クラリスロマイシンはさまざまな個人輸入業者で扱われていますが、その中でも条件がそろっている業者を紹介します。

 

オオサカ堂

オオサカ堂は創業20年となり、個人輸入業者の中では随一の歴史を持っています。利用者もかなり多く、価格も安いので人気が高いです。購入したものが届くまでの期間も、通常は10日以上が普通ですが、「最短5日、平均1週間」となり、かなり早い通販ができます。

 

クラリスロマイシンに関してもジェネリックが豊富で、最安値で1錠あたり75円程度となり、激安・格安で購入したいなら最適の業者と言えます。常備薬としてキープしておくのもアリでしょう。

 


おすすめは「Cipla」製のクラリスロマイシンジェネリック「Synclar」で、1箱で4錠も入っており、20箱購入なら1錠あたり約75円とかなり激安で購入できます。500mgのクラリスロマイシンを買って、必要に応じて半分に割るとコストを節約できます。レビューもたくさんあるので、購入者の声を見てみてください。

 

>>クラリスロマイシン(500mg)の詳細を見てみる<<

 

クラリスロマイシン1錠価格 到着時間
75円~(変動アリ) 最短5日 詳細

 

クラリスロマイシンの一般的な症状に関する効果

※確実な診断のためには、医師の診察が必須です。

 

クラリスロマイシンは抗菌剤・抗生物質の一つなので、細菌性の症状に使われます。症状の種類によっては効かない場合もあるのですが、意外と知られていないので紹介します。

 

副鼻腔炎・鼻炎・後鼻漏

 

鼻炎にもいろいろありますが、その中でも厄介なのが「副鼻腔炎」となります。副鼻腔炎には

 

  1. 急性副鼻腔炎
  2. 慢性副鼻腔炎

 

の2種類があり、慢性副鼻腔炎は「蓄膿症」と呼ばれます。

 

この中で、鼻が痛い、鼻水が出る、発熱といった症状が現れるのが「急性副鼻腔炎」の特徴です。臭いがある黄緑色の鼻水が出ることも多いです。この場合、治療薬としてクラリスロマイシンが選ばれることも良くあります。また、慢性副鼻腔炎(蓄膿症)の場合も、クラリスロマイシンは選ばれています。

 

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎の主な見分け方は以下の通りです。

 

  1. 鼻づまり
  2. 臭いのある緑色の鼻汁
  3. 鼻痛
  4. 頭痛
  5. 発熱

 

これらの症状が1~2カ月でおさまる場合は急性、2カ月以上続いている場合は慢性と判断されます。いずれにしても、治療にはクラリスロマイシンが効果を発揮します。なお、厳密にどの症状にどの抗生物質が効果的なのかは場合によるので、しっかりと治療するなら医師の診察を受けたほうがよいでしょう。

 

中耳炎・外耳炎

 

中耳炎は子どもに多い症状です。3歳までに80%の子どもがかかるとも言われており、頻度の高い症状でもあります。子どものうちは耳がまだ未熟なので、風邪などで最近に感染すると、中耳まで届きやすいからと言われています。

 

中耳炎の治療には抗生物質が使われますが、クラリスロマイシンは子供にもよく使われる抗生物質なのでよく選ばれています。大人の場合はクラビットなどの効果の強い抗生剤が選択されることもありますが、クラリスロマイシンも効果があります。なお、大人はもともと中耳炎にはかかりにくく、症状が出ているときは重症化している可能性があるので、子ども・大人にかかわらず医師のアドバイスは受けたほうがよいでしょう。

 

あとは外耳炎ですが、器官が外よりにあるため内側から影響を受けることはほとんどなく、耳掃除のしすぎなどが原因で炎症を起こすことが多いです。もちろんクラリスロマイシンは効果がありますが、普通は軟膏などで治療することが多いので、抗生剤を使うのは少々大げさと言えるかもしれません。症状に合わせて検討しましょう。

 

前立腺炎

 

前立腺炎は、男性の50%が一度はかかると言われており、下腹部や陰嚢などに痛みを抱える症状を指しています。頻尿や残尿感も併せて出現することが多いです。

 

前立腺炎には、細菌性のものとそうでないものがありますが、細菌性のものであればクラリスロマイシンが効果を発揮します。ただ、どちらかというと非細菌性のもの(長時間のデスクワークや運転などが原因)の場合が多く、その場合はクラリスロマイシンを服用しても効果がありません。

 

細菌性か、あるいは非細菌性かは判断しにくいところがあるので、できれば医師の診察を受けたほうがいいでしょう。その上で、非細菌性だった場合は原因を特定し、クラリスロマイシンなどの抗製剤を使って改善していくことを考えましょう。

 

ピロリ菌

 

ピロリ菌(ヘリコバクター・ピロリ菌)は胃に感染する細菌のことです。発症すると、

 

  1. 胸焼け
  2. 吐き気
  3. 食欲不振
  4. 胃痛
  5. 慢性胃炎・胃潰瘍

 

などの症状が現れてしまいます。

 

感染経路は基本的には経口感染となり、保菌者とのキスや食器の共有などが挙げられます。また、海外旅行先で衛生環境が悪いところなのに生水を飲んだりすると感染する場合も多いです。

 

ただ、保菌者が全員発症するわけではなく、発症するのは保菌者の3割程度と言われています。日本の場合も衛生環境に問題があった時代に生まれた50代以上の層では、8割がピロリ菌に感染していると言われています。

 

ピロリ菌は細菌なので、クラリスロマイシンは効果があるように思えます。確かに半分は事実ですが、実はクラリスロマイシンだけを服用することはほとんどありません。基本的には、アモキシシリン(医薬品名:サワシリン)といった抗生物質を組み合わせて服用することが多いです。また、オメプラゾール・タケプロンといった「プロトンポンプ阻害薬」も合わせて服用するため、最適な組み合わせは人それぞれ異なり、素人にはほとんど判断不可能です。

 

なので、ピロリ菌除菌をしっかり行うなら、医師の診察は必須です。自己判断はやめたほうがよいでしょう。

 

咽頭炎(喉が痛い)・咳、鼻水などの風邪や肺炎・マイコプラズマ

 

風邪を引いて診察を受けたら、抗生物質を処方されたという経験をした人は多いはずです。なので「風邪=クラリスロマイシンなどの抗生物質」というイメージがあるかもしれません。

 

確かに抗生物質がよく聞いて、ずっと続いていた咳がすぐに治ったということはあります。しかし、「風邪」という病気は実は存在せず、実際のところは「細菌もしくはウィルスが原因の呼吸器疾患」ということになります。そして原因になる細菌やウィルスは何百種類もあります。

 

当然ウィルスには抗生物質は効きませんし、細菌性だったとしても選んだ抗生物質が効果的ではない場合もあります。なので、「風邪を引いたので」ということで自己判断でかんたんにクラリスロマイシンを服用するのはあまりおすすめできません。

 

そして、肺炎に関しても同じことが言えます。クラリスロマイシンは「マイコプラズマ肺炎」などに効果を発揮しますが、ウィルス性肺炎には全く効果がありません。どの肺炎であっても「咳」「発熱」といった症状は似通っているので、自分がどの肺炎なのかは個人では判断がつきません。いずれにしても、クラリスロマイシンを服用する前に、医師の診断を受けるべきでしょう。

 

なお、咽頭炎などでのどが痛いと言った場合は、細菌性のことが多いので、クラリスロマイシンが効果を発揮するケースは多いです。もし繰り返し扁桃腺炎などになるということであれば、クラリスロマイシンを常備しておくのも手でしょう。ただ、扁桃腺炎は他の症状の前兆であることも多く、クラリスロマイシンを服用してもあまり良くならない、長期化しているといった場合は病院で見てもらうべきでしょう。

 

まとめとしては、咳や発熱と言った「風邪」の症状については、どの細菌やウィルスが原因なのかわからないので、医師の診察を受けるのが無難となります。

 

なお、インフルエンザの場合はクラリスロマイシンは効果がありません。他の細菌を併せて感染している場合は、その細菌には効果があるかもしれませんが、インフルエンザの症状が治まるわけではないので注意が必要です。

 

膀胱炎

 

膀胱炎とは、なんらかの理由で膀胱に細菌が紛れ込んで炎症を起こしてしまっている状態のことです。

 

  1. 頻尿…すぐにトイレに行きたくなる
  2. 排尿痛…排尿するときに痛みがある
  3. 混濁…尿が白く濁る

 

↑のような症状が見られるのが特徴です。

 

それと、膀胱炎は再発しやすい点にも注意が必要です。

 

  1. 体を冷やす
  2. ストレスや疲れがたまっている
  3. トイレを我慢することが多い
  4. 糖尿病
  5. 原因菌が抗生剤に耐性を持っている

 

クラリスロマイシンは膀胱炎を起こす細菌に効果がありますが、一般的には「それほど効かない」とされています。どちらかというと、クラビットなどの抗菌剤が使われることが多いようです。クラビットの場合、3~5日服用して治していくのが一般的です。クラビットもオオサカ堂に最安値価格で販売しているのでチェックしてみてください。

 

>>クラビットのオオサカ堂最安値通販を見てみる

 

これらの要素を持っていると、膀胱炎を繰り返しやすくなります。例えばトイレに行くのをついつい我慢してしまう場合、いったん治しても再発しやすいのです。そのため、トイレを我慢しやすい、なかなかいけないという状況は改善していく必要があります。

 

それと、抗生物質をいい還元に使って、原因菌を退治する前に服用をやめるなどの行為を繰り返すと、耐性菌となってしまい、治りにくくなることもあります。なので、抗生物質を使って膀胱炎を治療する場合は、服用期間をしっかり守る必要があります。

 

ニキビや吹き出物

 

皮膚科でのニキビ治療で、クラリスロマイシンが処方されるケースはあります。ニキビは皮膚に常在している「アクネ菌」が原因なので、クラリスロマイシンなどの抗生物質でアクネ菌を退治すれば、ニキビはできなくなることがあるのです。

 

ただ、アクネ菌は「常在菌」であり、外からの病原菌から皮膚を守る「バリア」として働く側面もあります。なので、クラリスロマイシンでアクネ菌を減らすと、バリア機能が衰えてニキビ以外のトラブルが発生するとも言われています。

 

さらに、クラリスロマイシンは長期間服用するものであないというのも問題です。確かにクラリスロマイシンを服用している間はニキビが消えるかもしれませんが、服用をやめると再びニキビができることも十分考えられます。そのため、今後ずっとニキビや吹き出物から解放されるためには、アクネ菌のエサである皮脂を抑え、アクネ菌の量をコントロールすることが重要となります。

 

 

クラリスロマイシンの性病に関する効果

※確実な診断のためには、医師の診察が必須です。

 

クラリスロマイシンは抗生物質の一つなので、細菌性のいろいろな症状に効果を発揮します。そしてその効果は「性病」に対しても有用な場合があります。

 

ここでは、代表的な性病を上げ、クラリスロマイシンの効果が期待できるのかどうかについて説明します。

 

クラミジア

 

クラミジアは、「クラミジア・トラコマチス」という細菌によって引き起こされる病気のことです。細菌性なので、抗菌剤治療が基本となります。クラリスロマイシンが活躍する代表的な性病です。

 

クラミジアは女性に多く、下腹部の痛み・軽い出血などの症状が現れてきます。また、咽頭に感染することも多く、その場合は咳が止まらなくなるなどの特徴があります。また、あまり症状が出ない場合も多いですが、不妊・早産・流産と言う形で症状が出ることもあるので、気付きにくい性病というのもポイントです。特に男性はクラミジアの症状が出にくいため、感染者が増える原因の1つとなっています。

 

膀胱炎などと比べて、クラミジアは治るまでに時間がかかりやすいというのも特徴の1つです。とくに咽頭に感染した「咽頭クラミジア」の場合はなかなか治りにくい面があり、基本的には14日間(2週間)のクラリスロマイシンの服用が求められます。

 

症状が出にくかったり軽かったりするため、2~3日クラリスロマイシンを服用したら「治った」ような気になることもありますが、そこで服用をやめずに2週間は飲みきることが大切です。そうでないと、感染しているクラミジアが耐性菌化し、クラリスロマイシンが効きにくくなるというリスクがあります。

 

さらに、クラミジアの中にはすでにクラリスロマイシンに耐性を持っていることもあり、クラリスロマイシンを2週間服用してもクラミジアが治らないといったこともあります。そんなときは、クラビットなどのその他の抗生剤を試すことになります。

 

淋病・淋菌

 

淋病は「淋菌」が原因の病気となります。排尿時の痛みや腫れが代表的な症状です。また、女性の場合は織物が増える・着色する、そして不妊・子宮外妊娠などのリスクもあります。咽頭に感染する例も増えてきています。

 

「淋菌」が原因なので、クラリスロマイシンも効果があるように見えますが、今は「ほとんど効果ナシ」というのが一般的な評価です。その他の抗生剤にも耐性を持っていることが多く、「抗生剤を飲んでもなかなか陰性にならない」という事例が多くみられます。

 

淋病の場合は、クラミジアと異なり明確な症状が出やすいので、抗生剤を指定された期間飲んでも症状が治まらない場合は耐性菌であると考えたほうがいいでしょう。現在、淋病に関しては「ミノマイシン」という抗製剤を点滴する方法が一般的なので、クラリスロマイシンの服用は無駄になることが多いと考えたほうがいいでしょう。

 

梅毒

 

梅毒は「トネポレーマ・パリダム」と呼ばれる細菌が原因でかかります。細菌性なのでクラリスロマイシンは効果を発揮しますが、耐性菌や相性などの問題でうまく治療できないこともあります。

 

かつては恐れられた病気でしたが、抗菌剤の登場によって治療可能になった経緯があります。しかし、最近は感染者が再び増えてきており、耐性菌などの問題もあるため注意が必要です。

 

また、梅毒は免疫ができないので、何度でも再発するという側面があります。もし完治したと思っても再び感染する可能性はあるので、定期的な検査が必要となります。

 

ヘルペス、HIV(AIDS)など

 

ヘルペス・HIVといったウィルス性の性病に関しては、クラリスロマイシンは効果がありません。クラリスロマイシンを服用したとしても、副作用だけを受けるということになるので、クラリスロマイシンに頼るのは避けましょう。

 

ウィルス性の疾病に関しては、抗ウィルス薬を使用することになります。まずは、医師の診察を受けましょう。

 

 

クラリスロマイシンの効果が出るまでの期間・日数

 

クラリスロマイシンを服用して、効果が出てくるまでの期間に関してはかなり個人差があります。2~3日で症状が改善されることもあれば、1週間以上効果を感じないこともあります。

 

ただ、大事なのは効果を感じる期間ではなく、決められた期間しっかりとクラリスロマイシンを服用する・飲みきることです。そうでないと、耐性菌ができてしまうリスクがあります。効果を実感する・しないにかかわらずとにかくクラリスロマイシンを飲みきって、その後のことはそれから考えることを徹底しましょう。

 

病気名 クラリスロマイシンを飲む期間
中耳炎・外耳炎 ※2カ月程度(5~8mg)
急性副鼻腔炎 2週間程度
扁桃腺炎 1週間程度程度
ニキビ 1週間程度
クラミジア 2週間程度
淋病・淋菌 2週間程度
梅毒 2週間程度

※子どもに多い中耳炎(滲出性中耳炎)の場合、低用量のクラリスロマイシン(5~8mg程度)を2カ月長期投与する治療法を用いることがある。クラリスロマイシンの2カ月服用で効果が見られないときは別の治療法を行う。

 

これらは、各症状とクラリスロマイシンの服用期間の目安です。症状によって服用期間は前後するので、正確な日数については医師の診察を受けましょう。

 

また、繰り返しになりますが、この日数については「病原菌を退治できる日数」であり、治ったような気がしたからといってクラリスロマイシンの服用をやめると細菌が残っている可能性があります。効果を実感したとしても、決められた日数はクラリスロマイシンを飲みきることは守りましょう。

 

 

クラリスロマイシン服用タイミングや時間帯・用法、用量について

 

オオサカ堂のクラリスロマイシンには、

 

  1. 250mg
  2. 500mg

 

の2種類があります。それぞれ、服用タイミングが異なってきます。

 

250mgのクラリスロマイシン服用タイミング

 

クラリスロマイシンの250mgについては、通常は朝夕食後の2回服用することになります。下痢や食欲不振といった副作用があるので、食前に飲むのはNGです。原則、食後に服用するようにしましょう。

 

また、できるだけ飲み忘れは避けたいところですが、もしクラリスロマイシンを飲み忘れた場合は後で2錠同時に服用してもOKです。仮に朝飲み忘れたとしたら、夕食後に2錠飲んでカバーしましょう。そうすれば、1日に必要な量を服用することができます。ただ、2回以上飲み忘れたとしても、次に飲むのは2錠までとし、クラリスロマイシンを3錠以上飲むのは避けましょう。

 

500mgのクラリスロマイシン服用タイミング

 

クラリスロマイシンの500mgについては、1日1回、朝食後に服用するのが一般的です。ただ、もともと朝・夕食後に服用すると定められているものなので、厳密に守るなら500mgをピルカッターで半分に割って1日2回服用にしたほうがよいでしょう。

 

また、間違ってクラリスロマイシンの500mgを2錠服用したとしても、通常それほど問題は起きませんが、副作用が強くなった場合は診察を受けたほうがいいでしょう。一般的には、次回から1日1錠に戻せばOKです。なお、1日2錠以上クラリスロマイシンを服用したからといって早く治るというものではないので注意しましょう。