妊娠中にクラリスロマイシンを飲んでも大丈夫?

 

妊娠中や授乳中は、クラリスロマイシンだけでなくさまざまな医薬品の影響が気になるところです。クラリスロマイシンを服用するなら事前に、クラリスロマイシンが妊娠中や授乳中の服用禁忌となる医薬品ではないのか、禁忌ならどんな危険性があるのかを確認しておきましょう。

 

はじめに、クラリスロマイシンの添付文書を見てみましょう。妊娠中・授乳中に関してはこう書かれています。

 

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。
参考ページ:クラリス添付文書

 

添付文書を見る限りでは、「どうしてもクラリスロマイシンが必要な場面以外は、できれば避けてほしい」という内容になっています。

 

とはいえ、クラリスロマイシンについては「そこまで心配しなくていい」と考える医師もいるようです。そのため、必要と判断されれば、処方されるケースもあります。

 

判断材料がもっと欲しいというなら、「FDA薬剤胎児危険度分類基準」を参考にすると良いでしょう。これは日本の厚生労働省にあたるアメリカのFDAという政府機関が基準を設けているもので、医薬品が胎児に及ぼすリスクを判断する基準になります。

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準

カテゴリー 危険性 妊娠中・授乳中の服用
A 危険性ナシ OK
B 多分危険性ナシ OK
C 危険性があるかも 場合によってはOK
D 危険性アリ やむを得ない場合以外NG
X 禁忌 絶対NG

 

FDA薬剤胎児危険度分類基準は、医薬品をA~D、Xの5段階にカテゴリー分けしています。妊娠中や授乳中の服用についてA~Bの医薬品はほぼ危険性がないとされています。C~Dになると特に注意が必要となりますが、絶対に使用禁止ではありません。一番危険性が高いのはXで、絶対に使用禁止となります。

 

なお、クラリスロマイシンは、カテゴリーCに含まれます。これは「人間ではテストしてないが、動物でテストしたら危険性が認められた」医薬品です。要するに、「人間に使用したら危険性がある」と想定されるので、妊娠中や授乳中の使用はおすすめしないということです。ただし、やむを得ない事情があるなら使用して良いと例外も認めています。

 

重要なことは、クラリスロマイシンを服用するメリットとデメリットのどちらが大きいか、正しい判断によって服用を決めるということです。妊娠中であるなら、必ず医師のアドバイスを受けるべきで、自己判断のみでクラリスロマイシンを服用するのは危険ですから絶対にやめましょう。

 

ちなみに、抗うつ薬のパキシルは「D」、睡眠薬のハルシオンは「X」のカテゴリーになります。いずれも妊娠中や授乳中の服用は危険とされる医薬品です。普段から向精神薬・睡眠薬などを服用しているなら、妊娠中に影響のある医薬品なのか事前に確認しておくと安心です。

 

クラリスロマイシンが妊活中~妊娠初期の体に与えるリスクとは?

 

「クラリスロマイシンのリスクはだいたいわかったけれど、妊活中はどうなんだろう?」と不安に思う人もいるでしょう。ここからは、クラリスロマイシンを服用中に妊娠した場合のリスクと、妊娠周期との関連もあわせて見てみましょう。

 

はじめに、クラリスロマイシン服用による胎児へのリスクについて解説します。とくに影響が深刻と考えられるのは胎児の催奇形性です。これは、先天異常を持つ赤ちゃんが産まれるということで、妊娠2~12週までが非常にリスクが高い時期だと言われています。視点を変えれば、生理がはじまった日から28日目までは、クラリスロマイシンを服用しても問題ないということになります。

 

もしも、妊活中にクラリスロマイシンを服用していたとしても、生理があったなら、生理日以前の服用については心配ないでしょう。そこから先は、クラリスロマイシンを服用しないようにしましょう。なお、妊娠していた場合でも、クラリスロマイシン服用期間が生理日から数えて28週目までなら胎児への影響はないといえます。

 

なお、クラリスロマイシンを服用していて、妊娠の発見が遅れるケースもあるでしょう。たとえば、つわりが起こって初めて妊娠に気づいたときに、妊娠2~12週に入っていた場合です。こうした場合、あまり心配しすぎることはかえって良くありません。もちろんクラリスロマイシンをリスクの高い時期に服用したという事実は変えられません。しかし、だからといって必ずしも障害を持つ赤ちゃんが産まれるとも限らないからです。FDAの基準はCであっても、確率は高くありません。むしろ、心配しすぎて強いストレスを感じることのほうが悪影響です。もし不安が消えないというのであれば、早めに医師に相談することをおすすめします。

 

クラリスロマイシンは授乳中どんな影響がある?

 

医薬品を授乳中に服用すると、赤ちゃんへの影響があります。これはクラリスロマイシンに限らず、どんな医薬品にも言えることです。お母さんが薬を服用すると、薬成分が母乳に含まれます。これを赤ちゃんが飲むと薬の影響を受けてしまうのです。母乳に含まれる薬成分はほんのわずかですが、体重の軽い赤ちゃんに与える影響は大きいものです。そう考えると、この問題を見過ごすことはできないでしょう。

 

しかし、妊娠中と比べれば、それほど大きな問題ではないと言えます。それは、クラリスロマイシンの服用期間が短いことにあります。クラリスロマイシンは中耳炎や風邪などの治療に使われますが、その際の服用期間はおよそ4~5日から2週間程度です。たとえこの期間に1~2回授乳したとしても、赤ちゃんに与える影響はほぼないと考えられます。ただし、クラリスロマイシンを服用するなら、基本的に母乳は控えるようにしましょう。

 

なお、向精神薬など服用が長期(数か月)にわたる医薬品では、授乳中どのように服用するかは大きな問題です。しかし、クラリスロマイシンであれば、短い服用期間中だけの対策となるため、あまり心配する必要はないでしょう。

 

とはいえ、クラリスロマイシンの服用期間が終わってすぐに授乳することは控えましょう。クラリスロマイシンの成分は服用をやめても1~2日は残ります。そのため授乳をはじめるのは、3日以降にしたほうが良いでしょう。

 

クラリスロマイシンの特徴は服用期間が短時間であることです。その数日の間だけ、赤ちゃんに母乳を与えないようにすることで、赤ちゃんへのリスクを避けることができます。母乳でなければ飲まないという赤ちゃんであればクラリスロマイシンを控えることになりますが、ミルクも飲んでくれる赤ちゃんであれば服用は続けたままミルク育児に切り替えるという手段もあります。

 

初乳はとても重要

 

「初乳」とは産後2~3日の授乳のことです。初乳には免疫物質である「免疫グロブリンA」が含まれています。これをあたえることで赤ちゃんに免疫力がつくため、初乳は赤ちゃんの健やかな成長のために重要なものです。この期間だけは、少しでも赤ちゃんに母乳を飲ませたいので、クラリスロマイシンの服用は控えるようにしましょう。

 

初乳さえ与えてしまえば、免疫物質は最小限赤ちゃんに伝わったことになります。それ以降、クラリスロマイシンを服用するなら、母乳にこだわらずミルク育児を選択すれば良いでしょう。