クラリスロマイシンと併用したい医薬品はどんなもの?

 

クラリスロマイシンには、併用注意とされている医薬品がいくつかあります。

 

いっぽう、クラリスロマイシンと併用したほうが良いと言われる医薬品もあるのです。ここからは、クラリスロマイシンと併用したい医薬品を見てみましょう。

 

目次

 

整腸剤との併用で腸内環境を正常に保とう

 

整腸剤のひとつであるクラリスロマイシンには、腸内環境に関係する副作用などがあります。クラリスロマイシンを服用することで、下痢や便秘になることがあるのです。

 

>>副作用は?吐き気・腹痛が出る場合も

 

クラリスロマイシンには、体内の病原菌を退治する作用を持っています。しかしこの攻撃は病原菌だけでなく、腸にいる善玉菌にまで向けられることがあります。その結果、腸内環境が悪化することになり、下痢や便秘などの副作用が出てしまうのです。

 

このように腸内環境の乱れによる副作用を防止するために、クラリスロマイシンと整腸剤が同時に処方されることがあります。整腸剤を服用することで、下痢や便秘・腹痛などの副作用が起こりにくくしているのです。

 

整腸剤の種類ってどんなもの?ビオフェルミン・ラックビー・ビオスリーならどれがいい?

 

一般的に整腸剤に含まれているのは、糖化菌やビフィズス菌などの腸内に存在する善玉菌です。これらの善玉菌は腸内環境を整える働きがあります。

 

薬品名

含有成分

市販

ラックビー

ビフィズス菌ロンガム種

なし

ビオフェルミン配合酸

ラクトミン、糖化菌、

なし

ビオフェルミン錠

ビフィズス菌

新ビオフェルミンS

ビオスリー

ラクトミン、酪酸菌、糖化菌

ビオスリーHi錠

ミヤBM

酪酸菌(宮入菌)

なし

 

これら整腸剤は代表的なものです。ビオフェルミン錠とビオスリーは市販されているため手軽に購入できます。もし、クラリスロマイシンを個人輸入などで入手しているなら、市販されている整腸剤を併用すると良いでしょう。

 

エンテロノンなどの耐性乳酸菌も併用したほうがいい?

 

クラリスロマイシンなどの抗菌薬は、悪い細菌を殺してくれるありがたい効果がある反面、必要な善玉菌も殺してしまうという困った作用もあります。善玉菌が減ってしまうなら、整腸剤を飲んで善玉菌を増やせば問題なさそうですが、増えた善玉菌がまた抗菌剤によって死滅することはないのでしょうか。

 

この質問に対する答えは2通りあります。つまり、意見が分かれていることになります。ひとつめは、死んだ乳酸菌も効果が変わらないため整腸剤で善玉菌を増やすと良い、という考え方です。実際に、ふつうの整腸剤を服用するよう指示する医師も多いのです。

 

もうひとつは、「耐性乳酸菌」を摂ると良い、という考え方です。耐性乳酸菌は抗菌剤に耐性があるため、退治されにくい強い乳酸菌と言えます。実際に耐性乳酸菌を含む整腸剤もあります。見分け方としては、薬品名の最後に「R」がついているもの、と覚えておくと良いでしょう。

 

牛乳にアレルギーがある人はラクトミン入り整腸剤に要注意!

 

整腸剤にはさまざまな種類がありますが、なかには脱脂粉乳を含むものがあります。ここまで紹介したなかでは、「ラックビー」が該当します。

 

ラックビーは処方箋薬なので、薬局で間違って購入してしまうケースは考えにくいでしょう。ただし、処方箋を作成する医師に牛乳アレルギーであることを伝えていなければ、処方される可能性があります。もし、牛乳アレルギーなら、ラックビーは避けて、ビオフェルミンなどを飲むようにしましょう。

 

薬品名

含有成分

市販

ビオフェルミンR

耐性乳酸菌

なし

エンテロノン-R散

耐性乳酸菌

なし

ラックビーR散

耐性乳酸菌

なし

 

上の一覧は、耐性乳酸菌を含む整腸剤です。薬品名の最後に「R」がついていることに注目してください。

 

耐性乳酸菌剤は処方箋がなければ入手できない薬です。市販薬ではないため、ドラッグストアや薬局では購入できません。なお、医師が処方する場合でも、ビオフェルミンなど通常の整腸剤を処方するのが一般的です。絶対に耐性乳酸菌が良いというなら、Rに変更したいと医師に伝えれば、変更してくれることも多いようです。

 

ふつうの整腸剤が多く処方されているということは、耐性乳酸菌にこだわる必要はあまりないのかも知れません。ただし、もとからお腹の調子を崩しやすかったりして、しっかり予防したいなど理由があれば、ビオフェルミンRやエンテロノンRなどの耐性乳酸菌を試してみても良いでしょう。

 

ヨーグルトでは効果はないの?

 

ヨーグルトに入っている「生きている乳酸菌」は効果的と考えられます。そのため、クラリスロマイシン服用中に積極的に食べることはおすすめできます。現在、ヨーグルトは各メーカーがさまざまな菌種の商品を販売しており、得られる効果も多種多様です。どんなヨーグルトでも整腸作用があるため、特定のヨーグルトが良いというわけでもありません。

 

ヨーグルトには、美肌効果やインフルエンザ予防、ストレスに効果があるものなど、目的に合わせて選ぶことができます。クラリスロマイシン服用中にヨーグルトを食べるなら、手軽に購入できるコンビニなどで、好みの商品を選ぶと良いでしょう。

 

なお、乳酸菌入りの食品は、青汁やサプリメントの形でも販売されています。いずれもクラリスロマイシン服用中に取り入れれば、腸内環境を整える効果が期待できるでしょう。

 

ただし、これらはあくまでも食品であり、ビオフェルミンなどの医薬品とおなじような効果を求めることは難しいでしょう。普段からお腹の調子を崩しやすいようであれば、腸内環境を整えるための整腸剤のほうがより効果が期待できるでしょう。

 

整腸剤を服用しても下痢が続くときはどうしたらいい?

 

整腸剤の働きは、善玉菌を補給して腸内環境を整えることです。悪玉菌だけが増えすぎるのを防ぐことで、下痢や便秘の改善効果が期待できます。

 

しかし、体質によって、クラリスロマイシンの副作用が出やすい人がいます。その場合、整腸剤を併用しても下痢や便秘は改善しないかもしれません。そんなときは、整腸剤を無理に増やそうとせず、クラリスロマイシンの服用をやめることです。クラリスロマイシンより、お腹にやさしい抗菌薬に切り替えるなど、体に負担が出にくい方法に変えましょう。