クラリスロマイシンを性病予防として内服するのはOK?

 

クラリスロマイシンは、性病の中ではクラミジアでよく利用される医薬品となります。そのため、「あらかじめクラリスロマイシンを服用しておけば、性病予防ができるんじゃない?」と考えて、行為の前にクラリスロマイシンを内服している人がいるようです。ここでは、クラリスロマイシンの性病予防投与が可能なのかどうかを説明します。

 

予防できる可能性はあるが、期待はできない

 

はじめに、「クラリスロマイシンの事前投与で性病予防ができるかどうか」という部分ですが、いちおう予防は可能な場合があります。

 

とはいえ、予防の場合でもクラリスロマイシンは1週間程度の内服が必要です。というのも、クラミジアの増殖サイクルは3日間(72時間)となっており、しっかり予防するには少なくとも増殖サイクル2回分のクラリスロマイシン血中濃度をキープしないといけないのです。クラリスロマイシンの血中濃度は1回内服しても1日程度しかもちませんので、7回の投与が必要となるということです。

 

→ 持続時間はどのくらい?血中濃度・半減期の知識

 

しかも、これで予防できるかもしれないのはクラミジア・梅毒のみとなります。淋菌はクラリスロマイシンに耐性を持っている場合がほとんどですし、ヘルペスなどはウィルス性なのでそもそもクラリスロマイシンは効果がありません。

 

さらに、病気でもないのに抗菌剤を服用するのは、体の負担も大きいです。体には善玉菌(常在菌)があり、体の状態を保ったり、悪玉菌を減らしたりなどの役割があります。しかし、そこでクラリスロマイシンを服用すると、善玉菌までもが退治されてしまって、体内の菌の状態が乱れて望まぬ病気にかかってしまうリスクがあるのです。

 

繰り返しになりますが、クラリスロマイシンを行為の前後1週間ほど内服することで、クラミジア・梅毒を予防できるかもしれません。しかし、行為をしたとしても必ず感染するわけではありません。どちらかというと、感染しないのに無意味にクラリスロマイシンを服用する例の方が多くなるはずです。そうすると、そのたびにむやみやたらに体内の善玉菌を殺してしまうことになるのです。

 

なお、当然ですがクラミジアにかかったことが判明した場合はクラリスロマイシンの服用は必要です。普段は避妊具などで性病予防をしつつ、それでもなお感染したようであれば、検査をしっかりしてからクラリスロマイシンを2週間服用するとよいでしょう。